絶対に失敗したくない!本当に信じられる家庭用脱毛器とは?

未分類

「高い買い物だから失敗できない…!」

「でもどのレビューも嘘くさい…」

「後悔しない脱毛器の選び方とは…?」

 

こうした悩みを持っていませんか?

 

世の中には多くの家庭用脱毛器が溢れ、値段もさまざまで、本当に理想の肌が手に入るのかも不透明です。さらに、「家庭用脱毛器に効果はない!それなら医療脱毛をしたほうがいい!」といった声もあるほど。

 

結論を言ってしまえば、お金があるなら医療脱毛がベストです。料金の相場は全身脱毛5回で30万円で、集中的に永久脱毛が行えます

 

ただ、いきなり大金を用意できる人は多くありません。定期的に通う時間だって必要…。そういった人のために家庭用脱毛器は存在します。例えば、「ケノン」や「レイボーテ グランデ(ヤーマン)」などです。

 

そこで今回は、絶対に失敗したくない人のために、本当に信頼できる家庭用脱毛器の選び方を紹介していこうと思います。これを読めば、どういった基準で脱毛器を選べばいいのか明確になるので、ぜひ参考にしてみてください。

本当に信じられる脱毛器の特徴とは?

「安かろう悪かろう」を見抜く

以下の表を見てください。

 

脱毛器価格照射回数レベル
【光脱毛器エピレタ】14,800円最大15万回5段階
リーオ19,800円最大3万回3段階
Belulu クリアベールミニ29,800円最大35万回5段階
スムーズスキン bare30,240円最大100万回1段階
トリア・パーソナルレーザー54,800円5段階
スムーズスキン muse68,000円最大40万回10段階
2PS クリスタル69,800円最大100万回8段階
ケノン69,800円最大100万回10段階
レイボーテ グランデ119,800円最大20万回10段階

 

価格が高いほうが、性能が高い傾向にあります。

 

例えば、ケノンならカートリッジ1個で100万発使えますが、エピレタ(カートリッジ交換不可)で100万発打とうと考えたら6個以上必要な計算になります。エピレタ14,800円が6個だと計88,800円。コスパを考えたら69,800円のケノンのほうが優秀です。

 

「なるべく安くていい脱毛器が欲しい!」と思っている人ほど、コスパ重視で考えるべきなのです。

>>自宅で本宅脱毛と美顔がなんと1台で!「ケノン」<<

企業努力が見える脱毛器を選ぶ

「ただ儲けたいだけの商品」「本気で悩みを解決してくれる商品」には違いがあります。それは目に見える企業努力です。

 

安いだけの脱毛器はどうでしょうか?カートリッジは交換できないものが多いので、本体自体は使い捨て。カートリッジの種類も少ないので、全身を脱毛しようにも部位によってはやりにくい。何より商品の性能アップもほとんど見られません(中にはネーミングを少し変えただけで性能が大幅UPしたように見せるところもある)。

 

逆に、良い脱毛器は、カートリッジの性能が良くなった時にその内容を具体的に公表していたり、部位別にカートリッジを開発していたり。価格はそのままで、複数のカートリッジをセットにして販売していることも多いです。

 

家庭用脱毛器は継続することによって納得のいく結果が得られる製品。長期利用の設計を考えてくれているメーカーの脱毛器を選びましょう。

日本製の脱毛器を選ぶ

家庭用脱毛器の製造国は、メーカーによって日本製、中国製、韓国製、イタリア製、イスラエル製などさまざまです。

 

たまに「韓国やイスラエルは美容大国だから…」といった声を聞きますが、美容大国だからといって、脱毛器製造の管理体制や安全性が高いとは言い切れません。

 

脱毛器は電化製品です。肌に直接使うものですから、管理水準の高い日本で作られていたほうが、私たち日本人が使うには安心。例えば「ケノン」は、光の出力にかかわるコンデンサや、カートリッジのフィルターまでもが日本製です。このように、日本人の肌を基準として製造されているものを選んだほうがいいでしょう。

>>安心の日本製!ケノン公式ショップはこちら<<

買って後悔しない脱毛器を選ぶために

家庭用脱毛器は数が多く、レビューを読んでも惑わされてしまうので、選びきれないことがあります。

 

そういった時は視点を変え、「コスパ(性能)」「企業努力」「製造国」を中心に考えてみてください。

 

ケノン」はすでに有名ですし、レビューも多い製品ではありますが、上記の視点から考えても、信頼性は高いと感じました。まだ脱毛器を持っておらず、「失敗したくない」と考えているのなら、ケノンで脱毛器レビューをしてみることをオススメします。

>>安心の日本製!ケノン公式ショップはこちら<<